コーティングサービス

chataでは日本国内の優れた技術をお客様にご紹介しています。

その中でもchataお奨めの技術にDLCコーティングがあります。

DLCとはDiamond-Like Carbon(ダイヤモンドライクカーボン)の略でダイヤモンドに似た硬さの被膜で、イメージは宝石のダイヤモンドとバーベキューで使う炭の合いの子といったところでしょうか。

DLCコーティングは高硬度、高耐摩耗性、低摩擦係数と言った金属部品や工具など金属と金属が擦れあった時に表面が減る現象を抑え滑らかに滑らせる特長があり部品の焼き付け防止になどに使用されます。

自転車ですとベアリングの玉受けやペダルの軸などスムーズに回転させます。

そして特にchataが注目しているのは高ガスバリア性です。
金属が肌に触れて起こる金属アレルギーにもDLC膜がアレルギー原因となる物質を通さないのでアルミ製のハンドルグリップや肌に直接触れそうな部品にアレルギー対策でのDLCコーティングをお勧めしています。

 

 

 

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る